読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団のハウスダストを取り除く クリーンライブ湘南の歩み

f:id:cleanlive:20170129214505j:plain

 

布団のハウスダストを取り除く クリーンライブ湘南

 

目次

1、布団のハウスダストを取り除く クリーンライブ湘南
2、布団のハウスダストを取り除く 嫁と娘に聞いてみる
3、布団のハウスダストを取り除く ところがこれが・・・
4、布団のハウスダストを取り除く チラシをまくも・・・・・
5、布団のハウスダストを取り除く 旅館で勢いづく

 


布団のハウスダストを取り除く クリーンライブ湘南

 


クリーンライブ湘南 が 
布団のハウスダストを取り除く仕事をはじめたのは
約1年前
2016年の2月末から。

 

その前年 2015年の12月に
大分県にあるこの事業の本部
株式会社旅館ホテルクリーン
立石社長にお会いしたのがきっかけです。

 

本当のことを言うと
この事業に 最初は乗り気ではなかったんですよ。

 

乗り気ではなかった というより
全然 関心がなかった と言っていいでしょう。

 

へえぇ~~ という感じで
社長の話を聞いていました。

 

ところがそうですね 1ヶ月くらいしてからでしょうか
何かで 布団のハウスダストのことが耳に入ってきて
この事業のことを思い出して調べてみたんです。

 

そうしたら かなり有望な事業なんじゃないかな
と思うようになったんですね。

 

別府温泉 湯布院温泉の有名どころの旅館は
ほとんど クリーンライブを取り入れているようだし
一般家庭にも かなり普及しているようだし。

 


布団のハウスダストを取り除く 嫁と娘に聞いてみる

 


ちょうど 嫁と娘がブラブラしていて
何か仕事ないかな
と思っていたところだったので聞いてみると
おもしろそうだ ということになって
早速 立石社長に連絡を取ってみたわけです。

 

立石社長も
全然 関心を示さなかった私から電話がきたので
かなりビックリしたらしい。

 

決まれば行動が早いのが取り柄(欠点か)の私ですから
すぐに 嫁と娘を大分に研修に行かせて
すぐに事業を開始しました。

 


布団のハウスダストを取り除く ところがこれが・・・

 


私のそれまでの本業は
店舗の集客コンサルタント

 

クライアントもかかえていて
そのクライアントも
私の指導で どんどん成果を出していました。

 

ところが・・・・・

 

これが 当初 全然お客さんが集まらかったんですよ。

 

こんなもの 私の手にかかれば
九州で実績のある事業だし
簡単に集客できると
高を括っていたんですね。

 

まずは知り合いや親戚を片っ端から当たっていきました。

 

素直にやってくれる人ももちろんいましたが
返ってくる返事は

そんなことやって大丈夫なの?
胡散臭いんじゃないの?
うまいこと言って家に上がり込んで高い布団買わすんじゃないの?
高い機械売りつけるんじゃないの?
ねずみ講みたいなもんじゃないの?

でした。

 

軽い気持ちで始めちゃったけど
そんな壁があったんだと
ここで初めて思い知らされたわけです。

 

後で立石社長に聞いたら
私も創業当初はそうだった
ということで 相当 苦労したらしい。

 


布団のハウスダストを取り除く チラシをまくも・・・・・

 


で 私の主力商品の一つがチラシだったので
チラシをポスティングすることにしたんです。

 

何てったって 私のクライアントが
私の作ったチラシをポスティングして
反応(反応とは実際に来店)がなかったことなど
ただの一度もなかったので
自信を持って かなりの金額をかけて 
業者に頼んでポスティングしてもらいました。

 

ところが・・・・・

 

何と 反応 ゼロ

 

電話1本かかってきません。

 

私のプライドはズタズタですよ。

 

まあ 今考えれば 当然の結果だったのかもしれません。

 

何しろ 今まで世の中に存在しないビジネスですからね。

 

今まで私がやっていたのは
実際にそこにお店がある。

新規の開店でも
だいたいが今まで存在しているビジネスで
みんなが知っているビジネスです。

 

ところがクリーンライブは
胡散臭さ満載。

 

九州での実績を書いても
地元での実績はないし
布団 と言えば 
胡散臭い商売の代名詞みたいなもんだし
こりゃあ無理だ。

 

で 地道に 紹介から増やしていこう
に作戦をシフトしました。

 


布団のハウスダストを取り除く 旅館で勢いづく

 


そうして 少しづつですが
個人宅は増えていき
今では結構 
紹介からお客さんを獲得できるようになっています。

 

知名度も少しは出てきたので
チラシに再挑戦しようと思っている今日この頃。

 

でも 勢いづいてきたのは
箱根の旅館に営業に行ったことからなんです。

 

これがねえ おもしろいんですよ。

 

ちょっとこの話しも長くなるので
次回に ということで。

 

 

 

 

布団のダニ退治 ダニってなんなの?どうしているの

布団のダニ退治をしている クリーンライブ湘南


目次

1、あなたの布団にもダニがいる
2、生きているダニは悪さはしない
3、どうやってダニを退治しているか
4、ダニと上手に付き合う方法
5、定期的なお掃除


布団のダニ退治 あなたの布団にもダニがいる


普通 家庭にいるダニは

チリダニ(ヒョウヒダニ)
ヤケヒョウヒダニ
コナヒョウヒダニ

などという 大きさ 0.3~0.4ミリくらいの
透明に近くて 肉眼では見えないくらいです。

 

で チリダニなどが増えてくると
それらを食べる

ツメダニ
イエダニ

が出てきます。

 

ツメダニ
イエダニ

は人を刺したりするんですね。

 

だから ダニに刺された かゆい
と思ったら チリダニ が増えている
と思っていいでしょう。

 

そして こういったダニは
どこにでもいます。

 

そう どこにでも です!!

 

あなたの家にも
あなたのお布団にも
ベッドにも
必ずいるんですよ。

 

いくら掃除しても
どこからかやってくるんです。

 

ダニがいないのは
無菌室 くらいじゃないでしょうかね。

 


布団のダニ退治 生きているダニは悪さはしない

 


でも チリダニは
生きている間は
ダニそのものは ほぼ人間には悪さはしません。

 

人を刺すこともないし
人間の呼吸くらいでは
ハサミのようになった足で
しっかりと繊維をつかんでいるため
人体には入ってきません。

 

悪さをするのは

ダニのフン
ダニの死骸

が主ですね。

 

これらが粉々になって
呼吸によって
人体に入ってきてしまいます。

 

これがアレルギーの原因になります。

 

でも アレルギーじゃなくても
こんな物が 呼吸によって肺に入ってくるわけですから

無害 

とは言えないですよね。

 

最近は布団を干すのはいいけど
叩くのはダメ
と言われるようになったのは
叩くと わざわざダニの死骸なんかを
粉々にしているからなんですね。

 

でも 叩くとほこりが出て行くように見えますよね。

 

あれ ほとんどが叩いてちぎれた
布団の繊維だと言われています。

 


布団のダニ退治 どうやってダニを退治しているか

 


では クリーンライブ湘南 では
どうやって布団のダニを退治しているのでしょうか。

まず ↓ こんな 熱源120°の加熱機で

 

f:id:cleanlive:20170128090603j:plain

 


布団を暖め 湿気を飛ばし
生きているダニを弱らせたり
布団の繊維をほぐして
中まで入り込んだハウスダスト
吸い取りやすくします。

 

良く洗濯するのに
ぬるま湯を使え
と言うでしょ。

あれと同じ原理ですね。

 

熱源120°といっても
実際の布団の温まる温度は
40°~50°

 

ダニは50°で活動を停止しますから
活動を停止して 挟む力が弱まったところで
こんな ↓ 強力な振動と吸引の掃除機で吸い取ります。

 

f:id:cleanlive:20170128090717j:plain

 

だからと言って
ダニやハウスダストが100%取れるわけではありません。

 

それでも 今のところ
このクリーンライブ方式ほど
効率よくハウスダストを除去する能力のある方法は

他にない 

といっていいと思います。

 


布団のダニ退治 ダニと上手に付き合う方法

 


でも クリーンライブをやったからといって
それでもうダニが少なくなるか
というと 全然そんなことはなくて
また どこからかやってくるし
取れずに残ったダニが卵を産み
また 増えていきます。

 

人間が生活している限り
ダニは必ずついてきます。

 

何故かと言えば
人間が出す

はがれた皮膚
フケ

そして 食べ物のカス とかが
ダニの大好物だからです。

 

加えて 布団という
温度といい
湿度といい
ダニにとってはこの上ない住環境があるわけですから
集まってしまうのは仕方のない事。

 

仮に もしダニも生息できないような環境になってしまったら(無菌状態)
人間も無菌状態から出られなくなってしまいます。

 

だから ダニとも上手に付き合っていくしかないんです。

 

それには 定期的にお掃除をするしかないんですね。

 


布団のダニ退治 定期的なお掃除

 


クリーンライブをしなくてもいいんですよ。

 

定期的に

布団乾燥機で布団を暖めて
布団専用掃除機で吸い取れば
それなりの効果はあるはずです。

 

でも ダニがいるのは
布団だけじゃないです。

 

もっとすごいのが

ジュウタン

それに 畳

 

ジュウタンも畳も掃除機かけてるよ

とおっしゃるあなた。

 

 ↓ これを見てください

 

f:id:cleanlive:20170128090957j:plain

 


まあ これには繊維もかなり含まれているんですけど
多いのが 食べ物のカス 
みたいのですね。

 

とうぜん 人間の老廃物も含まれているはずです。

ダニの大好物ですね。

 

目には見えないけど
ダニがいないはずがありません。

 

普通の掃除機は言うに及ばず
ダイソンで掃除している
というジュウタンでも
クリーンライブをすると
大量に取れます。

 

そうは言っても
クリーンライブ
毎日やるわけにはいきませんから
まずは 布団を含めて
ご自身でこまめに掃除することから始めてください。

 

仮にクリーンライブをしたとしても
お部屋のお掃除は まめにしてくださいね。

 

これで ダニの被害から
あなたをかなり守ることができます。

 

 

 

 

 

寝具のハウスダスト除去 クリーンライブ 開発秘話

f:id:cleanlive:20170122101950j:plain

 

寝具のハウスダスト除去 クリーンライブの開発物語


目次

1、寝具のハウスダスト除去 大分県別府温泉発祥
2、寝具のハウスダスト除去 脱サラして起業
3、寝具のハウスダスト除去 軌道に乗るまで7年
4、寝具のハウスダスト除去 大分県ビジネスグランプリ受賞
5、寝具のハウスダスト除去 関東に進出
6、寝具のハウスダスト除去 箱根・伊東・上諏訪
7、寝具のハウスダスト除去 爆発はもうすぐそこに

 

 

寝具のハウスダスト除去 大分県別府温泉発祥


このクリーンライブシステムは
大分市に住む 創業社長 立石一夫が
大手 住宅資材会社を脱サラして始めました。

 

住宅資材会社にいた時に
住宅のシックハウス症候群が話題になっていて
じゃあ 布団ってどうなってるんだろう
と調べ始めたのがきっかけです。

 

で 調べてみると
建材なんかは話題になっているのに
布団に関しては 当時 ほとんど何もされていない
話題にもならない
そんな状況だったらしいです。

 

毎日 6~8時間も潜り込んで寝ているのに
何もケアされていないなんて おかしい!!

 

そんな思い付きから
誰もやっていないなら
じゃあ オレがやってやろう
と 海外への転勤話も持ち上がっていたことから
勢いで 脱サラしちゃった
と 立石は言っています。

 

 ↓ 立石社長 インタビュー

 

 


寝具のハウスダスト除去 脱サラして起業

 


さて 起業したはいいけど
思い付き 勢い で始めてしまったので
何から始めたらいいか
最初 まったくわからなかったそうです。

 

それでも 色々と人脈をたどって
こうすればいいんじゃないか
今のクリーンライブシステムの原型ですね
に行き付きます。

 

でも ここからが大変です。

 

一応 形になるまで さらなる月日が流れていき
やっと形が出来上がります。

 


寝具のハウスダスト除去 軌道に乗るまで7年

 


でも さらに難関が待ち受けていました。

 

そう 今まで誰もやっていなかったサービスです。

 

最初 旅館に営業に行くも
門前払いの連続。

 

そこに救いの手を差し伸べてくれたのが
最初にクリーンライブを導入してくれた

別府の 花菱ホテルさん(今年営業を休止するそうです)

 

お部屋|別府温泉 花菱ホテル|公式ホームページ|

 

一番下の花菱ホテルのこだわり

で クリーンライブをしている
と 載せていただいています。

 

そこから何とか軌道に乗っていくわけですが
そこまで 脱サラから何と 7年の歳月が流れていました。

 


寝具のハウスダスト除去 大分県ビジネスグランプリ受賞

 


そして勢いがついてきたのが
2014年の 

大分県ビジネスグランプリの受賞

 

その後 一般家庭にもサービスを広げていき
今では 150軒を超えるお客様がいて
なんと 毎月クリーンライブをしているご家庭も出現。

 

さらに2016年には
関東にも進出

 

我が (株)クリーンライブ湘南 
その第一号の協力会社になりました。

 


寝具のハウスダスト除去 関東に進出

 


でも (株)クリーンライブ湘南

同じように 最初は苦労しましたよ。

 

なんと言っても 
今まで聞いたことのないサービスですからね。

 

知人からも 


そんなことやって大丈夫なの?
胡散臭いんじゃないの?
ねずみ講じゃないの?
高い布団売りつけるんじゃないの?
高い機械買わすんじゃないの?

 

散々言われました。

 

無理もないですよね。

布団 と言えば 今まで散々騙されてきたわけですから。

 

チラシをポスティングするも
1件も反応なし。

 

だから 最初は半信半疑ながらも
知り合いから始めていき
徐々に紹介も出てきて
今では 100軒の個人住宅をお客様に持つようになれました。

 

言ってみれば たった1年です。

 

これは大分での実績があってこそですね。

 


寝具のハウスダスト除去 箱根・伊東・上諏訪

 


クリーンライブ湘南でも10月から

箱根  強羅温泉仙石原温泉

静岡県 伊東温泉
長野県 上諏訪温泉

の旅館への導入が決定。

 

さらに関東地区の温泉旅館への営業を強化していきます。

 

実演を実施させていただいた旅館もたくさんあることから
今後はかなりの勢いで広まっていくと思います。

 


寝具のハウスダスト除去 爆発はもうすぐそこに

 


そんなクリーンライブ
爆発するのは もうすぐそこに来ている
と確信しています。

 

毎日お風呂に入ってきれいにして
着る物を洗濯して

それなのに 長い間 何もしていない布団に入る

どう考えても 理にかなってないですよね。

 

ただ こういうサービスがあるのを

知らないだけ

それだけなんです。

 

最近はいい布団乾燥機もあります。
布団専用掃除機もあります。

 

加えて クリーンライブ もあるんです。

 

みんながみんな クリーンライブをやれ
ということではありません。

 

それぞれの生活スタイルに合わせて
選べばいいと思います。

 

忙しくてやってる暇がない
めんどくさいから頼んじゃった方がいい

なら クリーンライブ

 

自分でやれるなら自分でやる。

 

どちらにしても とにかく健康のためにも
布団はきれいにしておきましょう。

 

 

 

 

 

実際に ダニトルマンのベッドマットレスから取れちゃった 生きたダニの動画

 

こんなのが あなたの布団・ベッドマットレスの中にも・・・

 

ダニトルマン クリーンライブ湘南 の 五味 です。


 ↓ この You Tube は

 

実際にダニトルマンのベッドマットレスから取れた
生きたダニが動いている様子です。

 

クリーンライブシステムでは
熱で弱った生きたダニも取ることができる 
という証拠ですね。

 

これ パソコンにつなぐ顕微鏡で探していて見つけたもの。

 

ご覧のように 動いていないと
ほとんどわからないでしょう。

 

この時は この他に5匹見つけました。

 

私のベッドは 当然ですが
1ヶ月に1回 とか
あと 気が向いた時にクリーンライブしてます。

 

これがクリーンライブし始めて何回目かは忘れましたが
何回もしていて さらに取れるわけです。

 

ダニは いくらきれいにしていても
どこからか忍び込んできて
あなたのお布団に潜り込みます。

 

まあ 言ってみれば
ダニとの戦いですね。

 


ダニはどこにでもいる

 


ダニって どこにでもいるんです。

 

最近の高気密住宅でも
入りこんできます。

 

外出先から衣服について
風に乗って


入りこむ経路は様々あるようですけど
ダニが入り込まないようにするには
外出をしないで
本当に密閉しなければなりません。

 

無菌室みたいなもんで
そんなことできませんよね。

 

クリーンライブ湘南のダニトルマンに何か聞きたいことがあったら
 ↓ こちらから連絡くださいね

info@creanlive-shonan.jp

 

 

アレルギーの原因物質 ハウスダスト 主なものはダニ

f:id:cleanlive:20170117104445j:plain

 

ハウスダストアレルギーはダニが引き起こす?


ダニトルマン クリーンライブ湘南 の 五味 です。

 

アレルギーを引き起こす 主な原因物質は

ダニ

と言われています。

 

他にも 羽毛そのものが原因とか
ほこりだったりと 色々ですけど
中でも ダニが原因のことが多いと言われています。

 


でも ダニ と言っても
生きているダニは
悪さをしません。

 

というより 生きているダニは
そもそも人体に入り込みません。

 

前回も言いましたが
生きて活発に活動しているダニは
ハサミのようになっている足で
繊維をしっかり挟んで
いざと言う時にも
吸い取られないようにしています。

 

だから 人間の呼吸くらいじゃ
入りこまないんですね。

 


やっかいなのが ダニの死骸とフン

 


布団の中は
ダニにとって格好の棲家です。

 

餌は豊富にあるは
温度と湿度はちょうどいいはで
これ以上ない環境です。

 

布団に潜むダニの数は
条件によって違うので
何とも言えませんが
一説には

10万匹から数百万匹 

いると言われています。

 

それらが 

フンをして
卵を産み
寿命が来ると(3ヶ月くらい)
死骸になって
粉々になって 

人の呼吸で人体に入ってくるのです。

 


だから 定期的に取り除きましょう

 


アレルギーを持つ方はもちろんのこと
今 何でもない健康な方でも
脅かすわけではないけれども
誰でも いつ発症しても
おかしくないそうです。

 

たとえ アレルギーのことを考えなくても
こんなものを 毎日 6~8時間も吸い続けていれば
健康には良くないだろうな
と思いませんか?

 

だから定期的に
布団にたまったハウスダストを取り除きましょう
ということで クリーンライブシステムは開発されました。

 

 

 

 

 

布団のお掃除をします クリーンライブ湘南の説明

f:id:cleanlive:20170116083452j:plain

 

布団のお掃除をします クリーンライブとは


目次

 

1、布団のお掃除をします ダニトルマンの仕事
2、布団のお掃除をします ダニトルマンの仕事内容
3、布団のお掃除をします アレルギーの誘発物質
4、布団のお掃除をします 家庭にお伺いしてその場で作業
5、布団のお掃除をします 一番お掃除されていないもの
6、布団のお掃除をします きっと思ったでしょう 悪徳商法じゃないの と

 

 

12日には いきなり ダニトルマン
なんて言ったけど 
私の仕事 
あれじゃあ何してるんだかわかりませんねぇ。

なので 今日はダニトルマン = クリーンライブ湘南 
仕事の内容を詳しくお話ししますね。


1、布団のお掃除をします ダニトルマンの仕事


簡単に言うと
布団にたまっている

生きたダニ
ダニの死骸
ダニのフン
ダニの卵

 

それから ダニの大好物 格好の餌になる

人間の肌から剥がれ落ちた古い皮膚
フケ

カビ
食べ物のカス

 

加えて

古くなったふとんの繊維
車の排気ガスから出る微粒子
PM2.5
花粉

等々

 

総称して ハウスダスト と言われているものを
取り除く という仕事です。


2、布団のお掃除をします ダニトルマンの仕事内容


布団にたまったハウスダスト
どうやって取るかと言うとですね

まず かまぼこ型をした
特許を取得している 加熱機 で
布団を 40°~50° 
場所によっては60°に暖めます。

 

ダニの足はハサミのようになっていて
そのハサミで 布団の繊維を
しっかりとつかんでいます。

 

だから 元気に活動している生きているダニは
かなり強力な掃除機で吸っても
取れないんですね。

 

反面 熱には弱くて
50°で 即 活動停止
60°で即死
だそうです。

 

なので 加熱機で暖めたところを
ダイソンをもっと強力にしたような
ドイツ製の掃除機で
一気に吸い取ります。


3、布団のお掃除をします アレルギーの誘発物質


ダニを含むハウスダスト
アレルギーを引き起こす
誘発物質です。

 

でも ダニなんて大昔からいるわけで
ダニがアレルギーの原因 ではないんです。

 

アレルギーの根本原因は 
食べ物とか環境とか
そういうことであって
根本原因を改善するのが本筋なんだけど
それを個人でやるのは
今の時代 ものすごく難しい。

 

だから 誘発物質を少なくするしかないんです。

 

そこで 考え出されたのが
クリーンライブシステム。


4、布団のお掃除をします 家庭にお伺いしてその場で作業


クリーンライブシステムでは
お布団をお預かりすることはありません。

 

各ご家庭にお伺いして
その場で作業しますから
作業した その日に すぐに使えます。

 

加熱機で 加熱・乾燥させるから

気持ちいいですよぉ~~~

 

アレルギーではない方でも
この気持ち良さにはまったら
抜けられないかも。

 

実は ダニトルマン 大ベテランの鼻炎持ちなので
クリーンライブに出会って
大助かりなんです。


5、布団のお掃除をします 一番お掃除されていないもの


あなたのご家庭で
一番きれいにしていない物

何だと思いますか?

 

お部屋は掃除しますよね。

 

着る物は?
下着だったら 毎日 洗濯するでしょう。

 

身体は?
まあ 毎日お風呂に入る人は多いでしょう。

 

では お布団は???

 

最近は 布団専用掃除機も出ていますから
それを使っている人も増えてきたようです。

 

でも 聞くところによると
買った最初は使うけど
しばらくすると 押し入れに入りっぱなし
という人が多いみたい。

 

お部屋の掃除や
洗濯と違って
布団に掃除機をかけるって
やってみるとわかりますけど
めんどくさいんですよ。

 

お風呂に入って 身体をきれいにして
洗濯してきれいになった 下着 パジャマを着て・・・・・

 

何もしていないお布団に入る・・・・・

 

しかも 布団の中って
6~8時間 居るわけです。

 

床 畳 ジュウタン ソファー

これらにほこりがたまっていたら
すぐに掃除機をかけてきれいにしますよね。

 

でも 布団の汚れは見えません。

 

見えないけど
今までお話ししたように
実は 家の中で 一番掃除されていない物
というのが わかってもらえると思います。

 

 

布団のお掃除をします きっと思ったでしょう 悪徳商法じゃないの と

 


今までの話しを聞いて こう思いませんでしたか?

 

これって悪徳商法じゃないの

何か高額なもの売りつけるんじゃないの と。

 

そう思われるのも無理はないですよね。

 

実はこの仕事を始めた当初
私も散々言われましたから。

 

大分の創業者もそうなんですよ。

それで最初は苦労した と。

 

でも 当社はそんな商法ではありません

と自分で言ったところで信じられませんよね。

 

一番 信頼してもらえるのが
箱根などの旅館で導入してもらっている
ということでしょう。

 

伊東温泉 伊東小涌園の 高級和風旅館 緑勇さんでは
睡眠へのこだわり ということで
ホームページに掲載してもらっています。

 ↓ こちら

客室|伊東 緑涌(りょくゆう)【公式】|伊東温泉にある庭園露天風呂付客室のプライベートリゾート旅館

 

 

 

 

 

布団のダニを取ることを生業としている ダニトルマン です

初めましてぇ~~~

 

布団の中の 生きたダニを含むハウスダストを取り除いている

ダニトルマン = クリーンライブ湘南 の 五味 です。

 

ハウスダスト と ゴミ 天職だと思っています(^_-)-☆

 

でも 五味 という苗字 ハンドルネームではなく本名ですよ。

 

だから 天職

 

これから 私の毎日(毎日は更新できませ~~ん)を

仕事のこと プライベートなこと 綴っていきます。

 

今 仕事に夢中なので プライベートはあまり面白いことは書けないと思うけど

できるだけ面白く書いていくので 読んでくださいね。

 

今日は クリーンライブシステム(後日 詳しくお話しします)の開発者が

私に会いに わざわざ九州 大分市から飛行機に乗って成田空港経由で上京します。

 

今までも 何回も上京してはいるんだけど LCC(格安航空会社)で成田は

初めてみたい。

 

今回はジェットスターらしい。

 

 ↓ 写真はピーチ(ジェットスターの画像がない)

 

f:id:cleanlive:20170112160625j:plain

 

そして 明日はドバイから一時帰国している クリーンライブシステムに興味のある方と会うことになっています。

 

いよいよ クリーンライブ 海外進出か!